野村監督は凄い方だった

こんにちは。youkohです。

今回は野村監督について書いていきたいと思います。

野村克也氏2020年2月11日に永眠されました。
選手としても監督としても物凄い成績を収めてきました。
また、スポーツニュースではボヤキ解説などもやっており、楽しく拝見させていただいていました。
本当にとても残念です。ご冥福をお祈りいたします。

本当に亡くなられた事が残念でなりません。
ID野球の申し子とも言われており、ささやき戦術など個性的な作戦でリード面にしても打撃面にしても最高の選手だったと思いますし、戦後初の三冠王をキャッチャーでなったという時点でかなり凄いですよね。
監督としても発足したばかりの楽天の監督を引き受け、優勝にまで導き、田中将大投手を始め、ヤクルト時代には最強キャッチャーとも言われていた古田敦也選手を育てたとしても有名な手腕。
もっと、テレビでボヤキが見たかったです。

そして、色々見てみるとかなりな苦労人とも感じました。
スーパースター街道まっしぐらという事も無く、初めは地道な努力を重ねている方です。
自分も最近調べてみたんですがね。かなりの苦労人かつ運も備わった人で、そこから実力を開花させていった印象が強いです。
もちろん元々実力はあったからこそ凄い選手になったとも思いますが、それ以上に努力をした人。叩き上げの選手でもあります。

監督としての野村監督ばかり取り上げられていたするので自分は選手としての野村監督を書いていきたいと思います。
自分の感想も交えてですね。
よろしくお願いします。

野村監督が選手になるまで

野村監督は幼少時代、裕福な家庭ではなかったそうです。
そして、野球をせずに働かなければいけないという時に、野村監督の兄が野村監督の野球の素質をもったいないと感じ、兄が働くから野球を続けろと言って高校まで野球が出来たそうです。

この時野村監督は兄には頭が上がらないと言っていました。
この心も素晴らしいですよね。

そして、野村監督はドラフトに掛かって・・・っていうのは無かったです。
プロテストに受かってプロ入りしました。この時の学校の恩師からも応援してもらい、援助を受けたそうでこの恩師の存在が無かったら野村選手という存在は無かったかもしれませんね。

そして、プロ入りしたのですが一向に試合にも出られそうになく、先輩に聞いたところ
「お前たちは田舎者で根性がありそうだから取られた。この状態からプロの試合に出た人は今まで一人もいない」という風に言われたそうです。ですので、役割はブルペンキャッチャーとして採用されていたのでした。
普通ならこの時点で諦めてしまいそうですよね。自分ならもう辞めてしまいそうです。
しかし、野村監督は辞めずに続けた。そして、皆が遊びに行っていた時もバットを振ったりと練習していたそうです。もちろんお金が無かったからどこにも行けなかったというのもあったそうですが・・・。

そこから少しずつ実力を付けていきましたが試合には出られない。
悶々としたところ海外に遠征に行った時、一番手、二番手のキャッチャーが試合に出られない状態になり、野村監督がキャッチャーを指名されたそうです。
そこで大活躍をして認められたという話みたいですから運もあるし、そういった大事な場面で実力を発揮するという時点でもかなり凄いですよね。

こういった巡り合わせからキャッチャー野村という選手は誕生していったのです。
こう見ると本当にドラマみたいと言いますか、一つの物語が出来るエピソードですよね(^▽^;)
ホームランも52本打って三冠王も取って、歴代2位のホームラン数を放ったわけですからね。
やはり、凄い選手だったんだなと思いました。
当時の兄も素質を見抜いていたのですが、実際にプロになれるまでなるとは思ってもみなかったと言っていたそうです。そういったところでもなんだかドラマを感じますよね(^^)

キャッチャーとしての凄さ

やはり、野村監督のキャッチャーとしての凄さはリード面でしょう。
バッターにささやいて気を逸らせて打ち取るという事をやっていたのですからね。
普通だったら相手をどう抑えようかとか考えてそんな余裕ないとは思うのですが、リードを考えながら相手に話しかけて気を逸らせるっていうのも凄い芸当だと思います(^▽^;)

話て気を逸らさせて、なおかつ凄いリードをしてくるわけですからバッターもなかなか打てるわけないですよね(^▽^;)
ですが、野村監督でさえもなかなか抑えるのが難しいと感じた選手がいるそうです。
それは、長島監督です!!
ささやいても天然的な?返答をしてきて、反応で打ってくるタイプだったらしいので野村監督でさえも「長島監督は天才だ」と言っていたほどですから、やはり一筋縄ではいかなかったみたいですね。

そして、現役でも天才と言われていたのがソフトバンクの柳田選手です。
反応で打つから天才だと言っていました。
野村監督から天才だと言われたら柳田選手も嬉しかったでしょうね(^^)

キャッチャーというポジションで三冠王

やはり、キャッチャーとして三冠王を取るというのは凄いです。

なにか一個タイトルを取るだけでも凄いのに、バッターとしての凄いタイトルを一気に3つも取ったわけですからね。
キャッチャーって本当に重労働なポジションなんです。
毎回防具を付けて、バッターの事を考えてどう抑えるかというのがキャッチャーが一番やらないといけない仕事なんですね。だからバッティングは二の次っていうのが結構当たり前なところがあるんですよね。
しかし、そのような重労働なポジションで三冠王ですから、やはり並大抵の努力では叶わないでしょうし、元々頭も良かったんでしょうかね。ていうか、頭が良かったのは確実でしょう。
ホリエモンこと堀江氏も野村監督の事を頭が良いと言っていましたからね。
それに、ID野球と言われるくらいですからどう考えても頭良い言い方ですし(^▽^;)後に、古田選手を育てているわけですからね。バッティングも凄かったし、スローイングも化け物、そしてリードも凄いときたキャッチャーでしたから、その恩師が野村監督なのでやはりリード面においてかなりの高レベルだったと思います。

このような選手がいたらやっぱりチーム的にもピッチャーもかなり助かるでしょうね(^▽^;)

最後に

いかがでしたか?

そんなにたくさんは書けていないと思いますが、このようなエピソードに実力と凄い選手だったというのが伝わって頂けたらと思います。
自分もこのエピソードを見て感動したし、やっぱり自分も、もっと頑張らないといけないなと思わされました。
自分は努力足りないなとか思いましたからね。みなさんも詳しい事は他のサイトとかの方が色々書かれているかもしれないので自分のこの記事を見てから野村監督の事をもっと知りたいとか思ってくれたら嬉しい限りです。とりあえず自分は感動しました(^^)

最後に、野村監督お疲れさまでした。野村監督のエピソードを見て自分も頑張らないといけないとさらに思えました。ありがとうございました。ゆっくりと休んでください。

皆さんも色々大変な事があるかもしれないですがお互い頑張っていきましょう。
頑張って、努力して、豊かな人生になるようにしていきましょう(^^)

今回はこの辺で。
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh