バッティングについての手首について気付いた事

こんにちは。youkohです。

今回は、バッティングの手首についてです。
自分が構えの段階で手首の関係性を考え付いたのでこの事を展開しようと思いまして。

そこからトップへ~スイング時において影響してくると思ったので書こうと思ったきっかけです。
自分の思った事なので人によっては関係ないと感じる方もいるかもしれませんが、結構関係する人は多いかもしれません。

ですので、そのような事を感じた為書かせて頂こうと思ったのでよろしくお願いします。

構えの時点での手首について

構えの時点での手首の構え方なんですが。
自分が考えるのは押手の手首です。

この押手の手首を構える時点で手の甲側に反るような角度になると打てない可能性が大きいです。

と、いうのはですね。今回のプレミア12を見ていた時にふと「そういえばバッターの構えた時の押手の手首の角度ってどうなってるんだ?」と思い注意して見ていたんですが、みんな手首は腕と並行にしているバッターが大半だったんですね。

バットを寝かせて構えているバッターはもちろんの事、外国人バッターも寝かせて構える打者が多い中、構えの時点で手首が押手の甲側に反っているような手首をしたバッターを見かけなかったんです。

これ、やってみたらわかるんですがバットを寝かせて構えると自然と押手側の脇が開きやすくんですよ。
そうなると手首が甲側に反りやすくなるんですね。
反った方が当てやすいという方もいるかもしれませんが、結構少ないと思うんですよ。
自分も前の構えはバットを寝かせて、押手側の脇を開けるように構えるフライングエルボー式の構えをしていました。

バッティングセンターとかでは打てるんですけどね。やっぱり来る球わかっているし、タイミングも取りやすいので。ただ、疲れてきたりとか長い時間打っていたりすると感覚が変わってきたりするのかミスショットが多かったりしたんですよね。
そうなると試合で考えたら守備についたり走ったりするわけで、バッティングセンターの時の疲れとはまた違う疲れが出てくるんですよ。
その疲れの中打ったり初見で打つと考えるとそのような打ち方だと少しズレが生じるのでしょうね。
結果バットを寝かしていた時の構えで打っていた時大スランプと言えるほどに全然打てない日が続きました。


そこで、バットを立てて構えて打ったところ合わせて打った感がありましたが見事にヒットが打てたり凡打でも外野までしっかりと打てたりしたからですね。
以前だと外野フライすらも打てず三振も多かったのでだいぶ変わったと思うんですね。
しかも、ヒット打ったのが4打席目ぐらいだったので試合終盤の疲れも出てきている時にヒットですからね。これは関係あるだろっ!?って思ったんですよね(^▽^;)

構えの時点で手首を柔らかく使えるようにする為には

手首を柔らかく使う為に構えの時に取る方法がやはりバットを揺らす事でしょう。
もちろんタイミングを取りやすくするという面においても発揮できる素晴らしい方法と自分は思います。

リストが強い選手は結構バットを揺らす選手多いと思います。
特にリストが強くて有名なのがソフトバンクの今宮選手でしょう。
スナップスローであれだけの送球ができるんですからね。構えの時点でバットを揺らして構えているのがわかると思います。
ああいう風に揺らしながら構えると手首をリラックスさせる事も可能だと思いますし、何よりバットに反動を付ける事も作用しやすいと感じます。
今宮選手もこの打法から段々と飛距離などが出始めたと思うので。

そして、ベイスターズの宮崎選手もバットを揺らす選手として有名でしょう。
テイクバックする時もバットを揺らしながらテイクバックしてトップまで持っていきますからね。
なんにしても「脱力」を重視している構えにも見えます。その中でも特に手首の「脱力」というのは難しいと感じますからね。
その「脱力」を体現しやすいのがバットを揺らす事だと自分は感じます。

振り出しの時に一番嫌な手首の使い方

一番嫌な手首の出し方・・・

やはり押手の甲側を反ったまま出す事と、手首が固まったままになる事、そしてこねる事ですね。

押手の甲が反った状態で振るとボールを捉える位置がズレます。これは自分がやっていた事でこれが原因で全然打てない時期が続いたといっても過言では無いと思います。
その原因としてはやはり構えの時点で手首が反っており、そのままテイクバックして振っていたので反った状態でのスイングというものができていたんですね。
そのせいで、捉えたと思った球がバットの上や下に当たり、ボテボテのゴロや最悪バットに当たらずそのまま空振りするという状態になっていました。
このような状態で振っていたので全然打てていなかったんですよね(´;ω;`)

次に手首が固まったまま振る事。このような状態になると手首を上手く使えないのでかなり打撃としてはマイナスになります。
やはり手首の返しが強い打球を打つ一つの要因にもなるので、そこを阻害してしまっては打てるものも打てない、そして凡打が続く・・・。悪循環ですね。
こうならない為にも手首は固まったままにせず、リラックスした状態で振るのがやはり望ましいでしょう。

このような事から結果として出てきうるのが「コネる」動作ですね。
コネてしまったらもう打てません。多分どんな打者でもコネてしまったら打てないと思います。
それぐらい「コネる」というのは害悪なんですよね。わざとゴロを打つためにやるならまだいいですが、ヒットエンドランとかでね。
ただ、いくらヒットエンドランでも変な癖が付いてしまうとそれこそマズいので意識的にもあまりやらない方がいいとは思います。
コネるってやはり手首の返しを意識しすぎて起こる状況だと思うんです。
その場合はやはり手首を返すという動作をやらない意識で振るのが一番いいとは思います。手首って勝手に返るので(^▽^;)
自分は極力返さないでそのまま振る事を心掛けています。自分手首とか力にそれなりに自信はある方なので返す意識をしてしまうと力まかせに振ってしまう可能性もかなり高くなるからですね。
そうならない為にもそこは意識しています。それぐらいコネるってかなり厳しい癖にもなりかねないんですよね。

握りが強いと・・・

握る力が強いとコネる状況も高くなります。
そうならない為にも極力握る力は弱く握るイメージで持つのがいいでしょう。
コネないようにして振る事はこのように握る事が良い方向へ向かえる可能性は高いと思います。

そして、手首を返すというよりもボールが当たった瞬間に「握る」イメージで振るのが良いとも思います。
ヤクルトの山田選手もこのような打ち方をしているみたいです。当たる瞬間に押手を握ると。
そうする事で綺麗に手首が返り、しっかりとボールも飛んでいってくれるみたいです。
自分も試した事があるんですが、バットを体の前に持って軽く持った状態から強く握ってみるとバットが少し前に出るんですね。しかもヘッドも立つんですよ。バットの位置がですけどね。ヘッドが立つって意味は結構諸説あるのでこれだけでヘッドが立てるとは限りでは無いので。

このような打ち方は手首やバット操作による「反動」が生まれるわけです。この反動がやはり飛距離を生むと思うのでしっかり当たればボールの飛距離も変わるのかなと思います。
要は当たる瞬間に押手でボールを掴むイメージで振っていると山田選手は言っていたので。
こう聞くと自分も「確かに」と納得しましたからね。

しかし、この打ち方は慣れないと逆にコネる可能性も出てくるので感覚を掴まないと厳しい打ち方になるとは思います。
やれるようになりたいと思ったらティー打撃などで練習して感覚掴むしか無いと思います。

最後に

いかがでしたか?

手首って打撃でもかなり重要部類に入ると思います。
まあ、打撃で考えたら全部重要部類に入るんですけどね(^▽^;)
しかし、この手首の使い方って一歩間違うと他ではカバーしきれないくらいに凡打の山を築く可能性が高い部分ではあるので、ゴロばかり打ってしまう人とかはここら辺を意識して練習していったら何かきっかけを掴んだりライナー性の打球をよく打てるようになる可能性は出てくると思います。
そうなったら嬉しいですしね(^^)

この記事がバッティングで悩んでいる人の一つのきっかけになれば嬉しい限りです。
まあ、ただ人によって合う合わないあると思うので逆にこのようにしたら打てなくなったって人もいるかもしれないのでそこは自己責任+打てる打ち方で打った方が良いと思います(^▽^;)
打てないで悩んでいる人は試しにやってみて下さい。打てていなかったら失うものはなにもないでしょうし、得るものしか体も反応しないと思うので。色々考えてみてやってみてはと思います。

自分もバシバシ打てるように頑張ります(^^)

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh