最近ユーチューバーVSプログラマーという構図が出来上がっている気がするのだが・・・

こんにちは。youkohです。

今回書かせていただく事は「ユーチューバーVSプログラマー」というのが起こりえているのではないかという件についてです。

前々からユーチューブ内やネット内で「プログラマーは稼げる」とか「プログラマーを副業にすると良い副業になる」というのをよく目にしていました。正直自分もそういった情報を得てプログラマーをやりたいと思ったきっかけもあったと思います。
プログラマーを仕事にするという興味はかなり前からあったのですが、副業でプログラミングをするのも可能というのは最近になって知ったので興味をかなりそそられていたのですね。

しかし、ここ最近は「プログラマーは副業にするとコスパは悪い」とか「プログラミングは正直適正がいる」とかいうのをこぞって見かけます。
また、ユーチューバーでも「収益化するには厳しい現実や壁がある」とか「動画編集は副業にするにはそれなりの技術がいる」などここも難しそうだなと感じる事を思わせるような事が書いてあったりしました。

ですので、今回はこのような事を自分の視点で考えて書いていきたいと思います。
しかし、このような記事で否定的な事など書くかもしれませんがあくまで個人意見なので決してこれらの事をディスっているわけでも完全否定しているわけでもないのでそこは悪しからずm(__)m

プログラマー側で考えてみる

プログラマーはコスパが悪いって!?

まずは、プログラミングを覚えるのにコスパが悪いという話です。

これも動画やネットで調べてみると言われている事なんですが、自分がプログラミングを勉強しようと思った時にも感じた事です。

とりあえず、自分の収益にする為にもやらなければいけないのが「勉強」です。

この勉強というのがなかなか時間が掛かるんですね。
勉強している時間はもちろん収益は「0」です。ですので、副業する為に勉強するというのは時間もお金も掛かるんですね。

中には「プログラミングを勉強するのにスクールに通った方がいいです」と「スクール通わなくてもプログラミングは覚えられます」など半々の意見がよく飛んでいたりします。
これはどちらとも正しいと感じるんですね。

やはり、勉強するといったら独学だと自分で調べながら勉強するというのが出てきます。
もちろんそれも可能でしょう。しかし、勉強自体が苦手だったりすると必ず躓くところが出てくるんですね。そうなった場合やはりメンターとも言える「指導者」が必要になってくるんですよ。
甘えに聞こえるかもしれせんがこれが現実だと思うんです。みんながみんな天才でも無いので。

そして、「自分は独学で頑張った」っていう人はやはり勉強が得意だったり要領を作るのが上手い人とかだと思うんですね。証拠に独学で頑張ってプログラミングを覚えた人って皆頭いい人や高学歴の人達です。
スティーブジョブズ氏もインスタグラムを作った人もFacebookを作った人も・・・みんな高学歴です。
そのような人達が頭を悩ませて努力してプログラミングを独学で覚えている人が多いのでそのような人達と同じ土台に立って勉強するというのは脳みそに基本が出来ている人じゃないと厳しいと思うんですね。脳みその基本というのはここでいうと高校の勉強や大学の勉強をした事をまだ覚えている人とかですね。少しレベルの高い数学や英語などを理解している・またはしていた人になります。

それ以外のお世辞にも頭が良い高校ではない(自分もそれに該当します)と、独学で勉強するにも色んな壁にぶつかりその壁を壊したり這い上がったりする事自体が難しいと思うんです。
そして、覚えるまでにお金は抑えられるかもしれませんが、それ以上に「時間」が掛かってしまうんですね。

そうなってくると勉強するならスクールに通うなどの方法を取らないと厳しい現実があるのですね。
しかし、スクールに通うとなるとやはりそれなりの時間とお金が必要になってきます。
このような場合だと現時点で働かないとやっていけないしお金もない人だと無理ですよね。
スクールに通う時間は?一日8時間とか10時間とか勉強できないし。そのお金は?どうやって捻出するの?スクールに通っている間の生活費などは?時給0円で生活しなければいけないのに無理じゃね??

・・・って冷静に考えるとそうなるわけです。
このような事からも時間とお金を捻出して、尚且つマスターするまでに時間も掛かる。そして、その間は収益0なのでお金も稼げずに勉強をしなければいけない時期が出るのでコスパが悪いと考えられているんですね。

プログラミングは技術上げれば全然稼げるとは思う

しかし、プログラミングの副業は稼ごうと思えば稼げるのも事実だと思います。

そのような人は若い時からプログラミングに触れ、プログラミングを生業としていた人は勉強する時間は無いので速攻で稼ぐことも出来ると思います。もちろんレベルもそれなりにあると思うのでプログラミングを本業でやっていた方はこれ以上にない年収を上げる為の道具として使う事もできるでしょう。

昔はプログラマーは職業を代表するブラック業界としても有名でした。
デスマーチ(納期に間に合わないので2ヶ月とか3ヶ月とか家に帰れず缶詰状態で仕事をする事)などもプログラマーやシステムエンジニアの仕事から生まれた言葉だと思いますし、当時は皆敬遠するような仕事だったと思います。給料もそこまで良くなかったでしょうし。

しかし、ネットが普及されてきたところで自宅でもプログラミングの仕事が出来るようになったという背景も相まってプログラミングはすげぇー!!??ってなったとも思います。
こう考えると「苦労は若いうちに買って出ろ」とはよく言ったもので、若い時にプログラミングで苦労していた人が今では副業としては十分な収益を得ているというのもありますし、フリーランスでサラリーマンよりも2倍3倍稼いでいる人も中にはいると思うし、あながち嘘では無いと思うのでこの言葉はまさにプログラミングにぴったりな言葉だなとも思えます。

このように技術を元から持っている人や技術をしっかりと身に付けている人は稼げるというのは嘘を付いていないと感じます。
ただ、0から始めるとなるとやはり厳しい部分が出てくるのでそこも懸念される材料だと思います。

副業にするにはレベルを上げないといけないとは感じる

上記の事からも、やはりそれなりの収益を求めるならレベルは上げないといけないでしょう。
一回覚えたら終わりという仕事でもなく、日進月歩で常日頃から色々と変わっていったりするのがIT業界なのでそれについていく忍耐や精神、また頭の回転も必要になるでしょう。

レベルが高ければもちろん仕事が途切れる事も無いでしょうからね。
現在でもプログラマーの人手不足は多いと思いますが、やはりレベルが高い人だったりPython等の人工知能のプログラミングがしっかりと出来る人が需要あると思うんですよね。
しかし、ホームページの作成などやHTML、CSSのプログラミングは段々と少なくなってくるとも思うのです。
その理由としてはプログラミングの中でも「簡単」な部類に入るからですね。
そのような簡単な事だったりすると参入者が増えますからね。さらに人工知能で自動でプログラミングしてくれるアプリやソフトもあるみたいな事をチラッと聞いた事もあったので流石に機械に勝つのも難しいですからね(^▽^;)
昔はまだネットなどがあまり普及していなかったりした時代やネットが普及し始めた時などだったら出来る人も少なかったでしょうからそういったプログラミングで小遣い稼ぐのも容易だったのではないかと思います。

しかし、現在はプログラマーの数も多くなってきていると思いますのでやはり「過疎」というのが出てくると思うので昔よりは小遣い稼ぐのも簡単では無いでしょうし、レベルの高いパフォーマンスを発揮しなければ厳しいのではないかとも感じます。
また、こういった仕事でやっていこうとするならプログラミング+αが必要にもなると思うのです。
こういった事が得意だったり好きだったらいいのですが、単にプログラミングだけしたいとかの人だと厳しい現実が待っている可能性が高くなると思います。

そう考えるとプログラミングで0から副業しようと考えると自分は尻すぼみしてしまうんですよね(´;ω;`)

動画側で考える

ユーチューバーとして稼ぐのは波に乗れば稼げそう

ユーチューバーはやはり波に乗れば稼げそうだというのは思います。
人気ユーチューバーや中堅でもそれなりに稼いでいる方はいるでしょうからね。

初めは全然稼げないという時期がかなりあるでしょう。
しかし、一回当たり動画を作ってしまうとその再生回数でだいぶな稼ぎが出るでしょう。
そこから興味を持った視聴者が増えれば収益も右肩上がりになるのではと思います。

さらに、ユーチューブが稼ぎやすいと言われる由縁が動画を視聴されると収益が発生するという点ですね。
ブログなどのようにクリックされてとか購入されてとかいうのが無く動画を観てもらうと初めに出てくる公告が流れれば収益発生となるからですね。
さらに、オススメなどで出てくるなど流通経路が検索以外にもあるのが強いですからね。

また、ブログとの差ともいいますか、やはり文字より動画の方が分かり易いという点もあるからですね。
「百聞は一見にしかず」という言葉もあるように、やはり実物を実際に見る方が頭にも入りやすいですし、なにより楽しいからですね。

このような状態から、ユーチューブは波に乗れば稼げるというのはわかると思います。

ユーチューバー収益化での壁と現実

しかし、ユーチューブには壁やら厳しい現実もあります。

やはり、厳しい現実としては顔出しという点でしょう。
ユーチューブ自体は顔出し無しでも稼ぐ方法はあるでしょう。
昔は色々あったみたいですが、最近はそこら辺も厳しくなってきているのでほとんどの方が顔出しなどをしだしているというのも背景にはあると思います。

このような場合、気にならない人はいいですし元々ネット界で有名な方とかだといいでしょう。
プラットフォームで顔を出しても、もう有名人ですしネット自体で仕事をしている方々なので顔出そうが出すまいがそこまでダメージは無いと思います。というか、結果ユーチューブなどでも成功する確率高いでしょう(^▽^;)
しかし、一般のサラリーマンが動画を顔出しで出すと誰が見ているかわかりません。
そうなると、「やってみた」系とかの動画を出したりして滑ったりすると結構黒歴史を作るキッカケにもなりかねないからですね。こう考えるとちょっと笑ってしまいそうな内容ですが、実際に起こると笑いごとではすまされないですからね。

このような現実もあるわけです。

また、壁としてやはり「チャンネル登録者数1000人」と「総再生時間4000時間」という壁もあります。
このような条件もある中、顔も出さずにこの条件を作るのは難しいと思います。
顔を出さない方法として漫画をユーチューブに流すというのもありますが、ああいう方々は外注して時間を短縮しているので、実際に一人でやろうとするととてもじゃないですが毎日投稿なんて夢のまた夢の話になります。やはり、漫画系などは時間が掛かるみたいですからね。

そのような時間を使いまくっていつ収益化するかわからないという状態を待つのは精神的にも結構くると思うんですよ。
かといって、顔を出して収益化するかわからないというのもなかなかキツイ橋を渡っているようにしか自分は思えないんですよね(^▽^;)
それだったらブログとかでのらりくらりと運営していた方が精神的にもまだ軽いと思います。
収益がいつ出るかわからないといっても結果文字を打っていくという労力は使うと思いますが、キツイ橋はそこまで渡るというのは無いと思うんですね。
さらに自分はチキンですので(笑)。ユーチューブで顔を出すという度胸も出ないのでやっぱりユーチューブは自分には合わないかなぁとも感じます。魅力はあるんですけどねぇ~(´;ω;`)

ユーチューブ投稿以外にも仕事はあるみたいですが・・・

さらに、ユーチューブには動画投稿以外にも仕事はあります。

先ほど言ったユーチューブ内での漫画系。漫画を書いたりする人や声を出す人や顔出しとかで動画を撮っている人は動画編集とか・・・

まあ、探せば色々あるとは思うのですが、結構撮影系以外にも仕事というのはあるみたいです。
やはり、ここ最近動画関係は伸びている傾向だとよく言われているのでユーチューバー自体が増えているという現実もあるんですね。
そのようなユーチューバーには動画編集する時間が無かったりするので外注で頼む方が多かったりするみたいなんですね。
そうなると、そういった仕事にありつける人もやっぱり出てくるわけで。
動画編集自体がレベル高かったら継続的に仕事が入ったり頼まれたりするみたいなので、結果稼ぐ事が出来るみたいなんですね。
ただ、やはりそれなりに稼ぐなら忍耐もいるみたいですし数もこなさないといけないみたいですし仕事相手の要求も人によっては色々言われたりするみたいなので初めにやる人はだいたい「割に合わない」と感じるみたいなんですけどね(^▽^;)

まあ、結果的に動画投稿する以外にも仕事が出来ているというのは可能性を広げる強みでもあるかもしれませんね(^^)

結果的にこの構図が出来上がってしまったのは・・・

結果的にこのような構図が出来てしまったのが、将来的にプログラミングがどうなるかとか動画自体も5Gになると更に伸びるが今後どうなるかとか・・・

色々あるんですよ。そして、自分はどっちも稼げる可能性があるとは思うんですよ。
結論から言うともうプロフェッショナルになったらどっちも良い金額稼げると思うんです。

ただ、始めるのにお金が掛かるとか顔出しというのをやるかとかそのような決断次第になるとは思うんですよね。
プログラミングだってなんだかんだ言って完璧に出来るとかなら仕事に困らないでしょうし、動画編集だって凄い編集技術を持っていたら仕事に困らないでしょう。

ただ、スクールでお金掛かったり動画編集ソフトでお金掛かったりと結果お金を初めは自己投資として捉えてやればおのずと道は開かれるんです。そこで成功の道にいくか失敗の道にいくかは本人次第になるというわけですからね。
まあ、スクールと編集ソフトだったら編集ソフトの方がコスパはいいので資金は少なくて済むでしょうが、動画編集できても仕事をクラウドソーシングで取れたとしてもどうやって進めていけばいいか不安になるでしょ?プログラミングだって不安になるでしょ?そのようなのも含めて教えてもらおうとしたら結果お金掛かるからですね。
自分でも色々成功するならお金かけないと厳しい部分があるというのはわかるんですが、自分を含めて経済的に余裕が無かったら無理なんですよね(^▽^;)
まあ、成功者からしたら自分のような考えは「甘い」と思う人が大半でしょうがね。
しかし、どうしようもないので何言われてもしょうがないですけどね。これが「俺」なので。

最後に

いかがでしたでしょうか?

結果的にプログラミングも動画も稼げる人は稼げると思うので、可能性はどちらともあると自分は思います。調べていった結果ですが(^▽^;)
あとは、決め手としてもうどっちが「楽しい」と思うかでしょう。
あくまで「副業」として考えたら本業で大変な思いをして副業でも大変な思いをしていたら自分が壊れると思います。

そうなってくるとどっちが「楽しい」と思えるのかとなると思うんですね。
楽しいと思ったら「どうやったら上手くなるんだろう?」とか「どうやっていけば効率が良いか?」とか考えると思うんですよね。そこで悩んだりしていって精進していくと成功にはかなり近くなる考えになるのではないかと思うんです。
あと、無収入でもやり続ける「根気」でしょう。

プログラミングや動画以外にもブログとかもあると思います。
そのような副業でも無収入や多少のマイナスになっていても楽しいと思えるかどうか。
そして、どうやっていこうかと考えるようになればその仕事や副業は自分に「合っている」と思うんです。
自分もブログをもっと良くするにはどうしていこうかと結構日々ネットで調べたりしているので結果的にブログが自分に合っているんでしょうね(^^)
まあ、上手くいかない事やわからない事だらけですが(笑)。ですが、書く事は楽しいと思うので動画撮るとかよりは文字打っている方が自分は合っているなと感じるので。

そのような考えを持てる副業に出会えればきっと続ける事ができるでしょうし、少しでも収益が出たりすれば「頑張ろう!!」って思えるかもしれませんよ(^^)

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m


未分類

Posted by youkoh