野球でのバッティングによるスイングスピード

こんにちは。youkohです。

今回は、バッティングのスイングスピードを上げる方法を書いていこうと思います。
バッティングでスイングスピードってシンプルに必要なものだと思います。
やはり、スイングスピードが速いに越した事はないからですね。

よく、「バッティングにスイングスピードはいらない」と言われますがそんな事は無いと思うんです。
やはりスイングスピードが速ければ速いほどボールは飛ぶし、ボールを呼び込む事も出来るのでミート力も上がります。

良い事づくめだと思うんです。
だからこそ、スイングスピードを上げる事によってメリットや上げる方法に自分なりに書かせて頂こうと思うのでよろしくお願いします。

スイングスピードを上げる事について

スイングスピードを上げると上記で書かせて頂いた通り、バッティングで色々なメリットが出てきます。
やはり、一番はボールが飛ぶこと、そしてボールを呼び込む事ができるので三振する可能性も低くなる事や相手を威圧する事だって可能です。

そうなってくるとピッチャーも怖いと思わせる事が出来るので自分が打つ前のバッターに対してもフォアボールなどのランナーに出せれる環境が作れる可能性もあるんですね。
隠れた脅威と言うべきでしょうか。そのようなひょんなとこからいきなり効果がある事だってあります。

ですが、一番の強みはボールを遠くまで飛ばせる事ですね。
日本人のスイングスピードが速くて凄いと言われる人で、大体140キロ~150キロの間ぐらいで凄いと言われますが、本当に速い人は150キロ越すぐらいありますしメジャーの選手になると一流の選手で160キロとか現れるぐらいです。
そして、このようなスイングスピードが速い選手で共通しているのが強打者が多いという事。
こうなってくるとスイングスピードが速ければ速い選手ほどチームの強打者の要になっている選手が多いという事です。

こうなってくると、やはりスイングスピードが速いに越したことがないという風に思いませんか??

スイングスピードを上げる事によって無茶振りする事は違う

しかし、上記で書かせて頂いた事でスイングスピードを上げるのに無茶ぶりするのは違います。

やはり、いくらスイングスピードが速くなっても力んでしまうと意味が無いからですね。
スイングスピードを上げるとそこまで力を入れなくてもスイングスピード自体が上がっていたらスイングスピード自体が上がっているので、今までよりボールは飛んでいくはずなんです。
そして、ボールが当たったぐらいで力を込めるとしっかりと飛んでいってくれると思いますのでスイングスピードを上げる意味があると考えます。

スイング自体のスピードが上がると軽く振っても今までよりスイングスピードが上がるはずですからね。
スイングスピードが上がったと思ってのデメリットがやはりこの「力み」を生む事だとも自分は思うのでそこは我慢してしっかりボールがよく飛ぶためにも「リラックス」する事が重要だと思います。

それに、あまりにもスイングに力を入れ過ぎると「ブレ」も出てくる為ミート力低下にも繋がってしまうのでそこはやはりあまり良くないと思います。
無茶振りとフルスイングは違いますからね。しっかりとボールを捉えにいく事を考えてフルスイングするのは全然いいと思いますしそのスイングで結果を出している選手もたくさんいるわけですからね。
無茶振りすると怪我するリスクも出てくる為オススメできないですし、変なスイングが身に付く可能性もあるからですね。
そこは考えてスイングした方がイイと思います。
フルスイングってやはり考えて全力でスイングするからこそだと思うので。
何も考えずにフルスイングするのは無茶振りだと自分は思いますので。
そこの線引きは重要だと思います。

スイングスピードを上げるには

スイングスピードを上げるにはやはり「素振り」と「筋トレ」ですね。
やはり、筋力を上げるとスイングスピードが上がるというのは比例すると思うので。

しかし、成長期の時に筋トレするのはオススメできません。が、素振りは良いと思うんです。
正直筋トレは高校卒業してからでも遅くは無いと思いますし、高校の最後の年とかでもいいかもしれません。
早い話が成長期に筋力を求めるよりも身長を求めた方がいいからですね。
だからこそ、成長期の時に筋トレはオススメできないと考えます。

しかし、素振りで成長が止まるとかは聞いた事も無いですから素振りは大丈夫でしょう(違ってたらすみません)。
まず、成長期に求めるのは身長とミート技術だと思うのでそこを求めた方がいいかもしれません。
ボールを芯にしっかり当てる技術を身に付け、将来的にもその技術は財産になると思っているからです。まずは、そこからですね。

話がだいぶそれましたがm(__)m
スイングスピードを上げる方法なんですが、成長期でもしっかりやれば良いと思う「素振り」ですね。
重いバットと試合で使う重さのバットを2つ用意して、交互に振るという方法が一番効果的かと思います。

まず、重いバットで50回振ります。そして試合で使う重さのバットに持ち替えて100回振るというように交互に振ると良いと考えます。
重いバットを振った後に試合で使う重さのバットで素振りするとスイングが軽く感じると思います。
それを体に染み込ませる事がやはり一番スイングスピードを上げるには現実的な方法かと思います。

あとは、長い竹や棒を振るというのも効果的でしょう。
スイングの安定性が養えるので、普通のバットを振った時にかなり安定してスイングできると思います。プロ選手が長い竹で振ったりするの見た事あると思うんですがかなり理に適った練習法だと自分は思います。

あと、わざとダウンスイングで振るというのもいいでしょう。
やはり、振り出しダウンの方が強く振れるのでそのスイングの速さを身に付けさせたりするとしっかりスイングできる事だと思うので。
まあ、試合で打つ時にダウンになりすぎるスイングは良くないのでフォーム自体を体には染み込ませてはいけないという難しさもありますが(^▽^;)

後は、下半身ですね。
鍛えるのは成長期が終わってからでもいいのですが、バッティングでの下半身トレーニングで一番いいのは「一本足打法の足上げの状態をキープする」というのが効果的でしょう。トレーニングというか体に覚え込ませるという感じでしょうか。
これで、微動だにしない下半身を身に付ければブレる事もないですしボールを待つ状態の時もバランス良くボールを待つ事もできるので。バッティングって結構準備段階の時間の方が長いというのもあるので準備段階の練習自体は大事だと考えます。そこで力まずにやれるかどうかも重要になってくるので。

そして筋トレなんですが、普通にダンベルとかバーベル、腹筋や背筋を鍛えたり、下半身もスクワットなど・・・
とりあえずまんべんなく全身を鍛えるというのがいいでしょう。
上半身だけ鍛えたり、下半身だけ鍛えたりするのは良くないので。
どっちかを100%鍛えるより上半身50%下半身50%鍛えた方が効率が良いというものです。

このようなトレーニングで自分はスイングスピードを上げる事も出来ると思いますし、安定性のあるフォームを作る事も出来ると考えます。

まとめ

いかがでしたか?

スイングスピードを上げる重要性はかなりあると思います。
ただ、振るだけではなく考えて鍛え上げたスイングでしっかりヒットや長打を打つという事がやはりバッティングの醍醐味でしょうからね。

ただ、自分も今までの経験などを基づいて自分なりの感想を交えたりして書かせてもらっているので正解不正解あると思いますが「このような考え方があるのか」とかの感じで見てもらえたらと思います。
ただ、成長期に筋トレや過度なトレーニングをやるのは控えた方がいいでしょう。
実際に自分がそれで身長止まったので(^▽^;)
170センチ無いのに足のでかさが28センチ~29センチって普通に考えたら伸びていたはずですからね(^▽^;)(笑)

最後自虐ネタみたいになりましたが。(笑)
この記事を見てくれた皆さんのバッティング向上の手助けになれたら嬉しいと思います(^^)
また、野球の事について書かせてもらったりしようと思うのでその時はまたよろしくお願いします(/・ω・)/

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh