この前の野球の試合結果について&今後の課題&気付いた事

こんにちは。youkohです。

今回は、試合の結果と自分の打撃成績について。そして、これからの草野球に対する課題などを離していきたいと思います。
とりあえず、先に言っておける事が試合の結果なんですが8-1でボロ負けッス( ̄▽ ̄)(笑)
まあ、相手からはホームランを打たれたり前みたいにエラーは少なかったんですけど不運な当たりで相手がセーフになったりと運にも恵まれていなかった試合でしたね(^▽^;)(笑)
ピッチャーもそこまで凄いと言えるピッチャーでもなかったんですけどね・・・。
負け惜しみですね(^▽^;)(笑)

試合は負けましたが、自分の打撃については色々とまた反省点がわかったので書いていこうと思います。
守備に関しては外野フライをしっかり取りましたし、走塁面でも特に悪いような事もなかったのでまあ良かったかなとは思うんですけどやはりバッティングに関しては悪い結果でしかなかったのでそこも踏まえて書いていきたいと思いますのでよろしくお願いしますm(__)m

前のフォームで打ってみた

以前のブログでは「前のフォームに戻して打ってみる」と豪語していました。
あの時はタイミングも取りやすく、4打数3安打打てたフォームだったので打てると確信していたんですね。久しぶりに戻すし。
しかし、まったく打てなかったのです。
この前の試合は3打数0安打1四球だったんですけど、1打席目から振っても全然当たらなかったんです。
大体試合前の前日って結構バッティングセンターに行って調整する事が今まで多かったんですが、今回は久しぶりに行けなかったので(時間とお金が無かったため・・・)ぶっつけ本番で行ったんですね。
まあ、試合も一か月ぶりだしバッティングセンターに行ってもないので当たらないんですね(^▽^;)(笑)
フォームどうのこうのの前にバットが振れていないという現象だったんですね(^▽^;)(笑)
やはり、前日ぐらいはバットをしっかりと振るという事をやらなければいけないと思ったのも事実です。

そして、前のフォームに戻して打っていたのもとりあえず当てる事を中心に考えていたフォームだったんですね。ですので、しっかり当てるという意識を持って取り組んでいたんですが、いかんせんバットにすら当たらないという現象が起きてしまったんですね。ほぼノーステップのフォームで(^▽^;)(笑)

ここで違和感を覚えて「あっ、今日打てそうにない。ていうか、当たりそうにない(笑)」ていう気持ちにしかならなかったんですね。
こうなってしまってはもうどうしようも無いので潔く今日は諦めようと考えていました。
今日は野球やりたくないと思ったのは草野球始めてこの日が初めてでしたよ。(笑)

そこで、考えていたのがやはりタイミングが取れていなかったんですね。
タイミングが取れていない+テイクバックの「割れ」も出来ていなかったのでバタバタするようなスイングになっていたんです。もうその場で振る感じ。
そうなってくるとボールを待つ準備時間が全然とれていないという事に気付いたんですね。第一打席目に。結果四球だったんですけどそこで気付いたので次の打席ではもう少し早く始動を早くしようと思って次の打席に向かいました。

しかし、次は始動が早すぎてタイミングが取れない現象になってしまったんですね。
これはダメだと思いながらも今更修正するわけにもいかずに打席に立ったんですが、結果三振を喫してしまいました。外角高めのストレートですね。とりあえず当たらない事にショックで。球も速くなかったからですね。

そこから、考えていたんですがとりあえず当てるというのは自分には合わないと。もう足を上げてタイミングを取った方が恐らく打ちやすいと考えて次の打席ではフォームを変えて打つ事にしました。

前のフォームから違うフォームへ

そこで、次の打席でやったフォームがバットを寝かせて構えて足を大きく上げるというフォームです。
足を上げてバットをテイクバックして待つ形は現楽天の浅村選手を意識しました。とりあえずフルスイングでもう三振してもいいやという気持ちで立ったので。
結果はセンターフライだったんですけどとりあえずバットには当たったので自分の中では最低限の目標はクリアできたわけです。

そして、詰まったあたりでもあったので芯に当たっていれば恐らくヒットの可能性はあったのでやはり良かったと思います。あとは、タイミングだけでした。
こう書いていくとやはり命は「タイミング」と思い知らされますね。
自分の中ではやはりタイミングが取れていないというのが多くあったので、そこをいかに修正できるかがポイントになってくるのではないかと。そして、自分の中でタイミングを取る形をいかに完成させるかだと考え付きました。

また、今までのフォームで上から振る意識の打ち方だとポップフライばかりになっていたのでメジャーのバッティングを意識して打っていたのですがここにきてそこが障害になっているかもしれません。
悪い方向で下から出るというスイング軌道になってしまっているかもしれません。
だから、バッティングセンターに行かなかったりして一時バットを触っていなかったらこのようにバットが下から出すぎていて結局ボールとバットの軌道が全然合わずに当たらないという現象になったと自分の中で推測しています。
ここで自分が思ったのは、やはりメジャーリーガーのように下から振るようなレベルスイングではなく上から振るようなレベルスイングを目指す方が良いと考えた事、そしてバットは立てる~斜めぐらいに構える事、やはり幼少期からメジャー的な構えで構えていたら良いかもしれませんが自分が幼少期の頃から習っていたのはバットを立てて構えるという事が当たり前だったのでその事を考えると「慣れ」というのが出てくるのでバットを立てて構えた方が体の力みが少ないんですよね。
だからこそバットを立てて構えるというのがいいと感じたのでそこも考えつつフォームを改めて探っていかなくてはいけないと考えています。

シンプルイズベスト!!

この中で考えると日本人の当たり前と言われるフォームでの「シンプルさ」というのが重要になってくると思うんです。
バットを立てて構えて、肩幅くらいに足を開いて少し膝を曲げて構えるという構えが今まで自分が教えてもらった中で一番やっていたフォームだったのでこのフォームを基準にして考えるとやはりシンプルなフォームに辿り着くんですね。

そこからフォームを考えるとやはり「シンプルイズベスト」というのが出てくるのでこのシンプルさで打率、長打率を高めていけたらと考えます。
最近のバッターもシンプルなフォームの選手が多いですからね。
やはり、このシンプルなフォームを極めていくと打率、長打率共に残せていけるのではないかと考えます。

浅村選手のような構えが自分の今の中では理想なのですが、やはりバットをイッパイに引いたりして足も大きく上げてと考えると普段から練習などしていたらいいのですがたまの草野球しかしない人間からしたらどうしても体に負担が掛かるので守備などで疲れが出ている時に大きいフォームをしていると打つ時に疲れから力みやスイングの波打ちが出てくると考えるのでシンプルに大きすぎない小さすぎない、でもどっしりと構えているフォームというのを目指したいというのが自分の今のフォームの目標です。
例える選手なら小久保選手や内川選手などのフォームですね。本当は浅村選手や森友哉選手のようなフォームで打ちたいなぁ・・・と思うんですけど厳しそうなので(^▽^;)(笑)
やはり、シンプルにでも長打も打っている選手のようなフォームを参考にしたいなと思いますね。元中日の和田選手や元日ハムの小笠原選手とかもいいですね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

やはり、フォームって大事と思います。この前の試合でも痛感しました。
当てるつもりのフォームでバットに当たらず、足を上げてフルスイングするつもりで振ったら当たるという現象はやはり自分の中でも結構衝撃を受けたので。
足を上げてしっかりタイミングを取る方が取りやすいんだなと改めて思いました。ノーステップとかタイミング取りにくいって知っていたんですがね。改めて痛感させられた体験でした。

皆さんも、若い頃は自分の理想とするフォームでやった方が結果出ると思うんですけど年取ってきたら年相応の合うフォームにした方がいいと思いますよ。
もう、ヒット打てればOKじゃね?的な感じで打つ方が良いと思います。
技術と安定性を高めていきましょ(^^)
ただ、普段しっかりトレーニングしている人はそういった疲れとかあまり感じないと思うのでそういう人はまだまだ長打を打てるようなフルスイングにこだわっているいる人はこだわった方がイイと思いますけどね。もちろん自分もシンプルにするけどフルスイングする事に関しては辞めないつもりではいますので(^^)
楽しく、結果を残せるように草野球頑張りましょう(^^)

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh