最強キャッチャー ヤディアー・モリーナ選手について熱く語りたいと思う

こんにちは。youkohです。

今回は、世界で最強という声の高いヤディアー・モリーナ選手について熱く語っていこうかと。
これを書こうと思った理由は最近動画サイトでモリーナ選手のキャッチャープレー動画を観たから(^^)
日米野球でも来ていたので知名度はかなり日本でもあるとは思うのですが。
打ってもホームラン打って、牽制送球でアウトも取った選手ですからね。そりゃ覚えられますわ(^▽^;)

自分もこのようなキャッチャーはやはりこれから先中々現れないのではないかと思いまして、モリーナ選手が凄い!!というのも、もっと知ってほしいなぁー・・・と思いまして書かせて頂こうかと。
もうすぐしたら引退もするみたいですし。悲しいけどね(´;ω;`)

ではでは、よろしくお願いしますm(__)m

モリーナ選手 とりあえずヤバ肩(笑)

モリーナ選手の代表的なものとしては、やはりあの肩でしょう。
とりあえず強すぎですよ(^▽^;)(笑)
セカンド送球時に座って投げて凄い低弾道でコントロール良く投げ込む事ができますからね。
日本でも城島選手が同じような投げ方をしていましたがやはりモリーナ選手のを見ると一段上に見えてしまいます。まあ、普通に考えると城島選手も強肩で座って投げる事自体凄いんですが(^▽^;)
ただ、比べて見てしまうとやはり送球の低さとかが段違いに凄いので座って送球するキャッチャーと思ったら真っ先にモリーナ選手を思いうかべてしまいますね。

あと、取って投げるのも早いと思うんですが以外にも結構な割合でモリーナ選手って送球前に一呼吸おいて送球するような感じがするんですね。これってやはり元の地肩が強いからもあるのでしょうが他のキャッチャーって取ってすぐ投げるっていうキャッチャーとして当然の送球方法を取るんですが結構バタバタ感がある感じがするんですね。
しかし、モリーナ選手の場合は一呼吸置くような形で投げるから他の選手と比べるとスマートに投げている感じがしてならんのですよ。
そして、そのままアウトにしてしまうのでやはり肩ヤバイ強いなぁ・・・と思う自分です。

モリーナ選手 全体を見渡す力が凄すぎる

見渡す・・・

モリーナ選手の凄い所は色んな状況でもしっかり見渡せているところだと思います。
キャッチャーって他の選手と違う方向を向いていますよね?
ピッチャーや内野、外野はホームベース側を向いているのに対しキャッチャーってバックスクリーン側を向いているんです。まあ、あといるとしては主審ぐらいですかね。(笑)、選手じゃないから含まれないですけど(^▽^;)

こういう立ち位置の場合ってやはり、全体を見渡せる唯一の場所になるので全体を見るという事をしっかりできる人がやはり適任になると思うんですね。
その点はモリーナ選手はかなり凄いと思います。
あれだけの強肩を持っていたら大体走ってきても刺せるという自信から気持ち的にはそこまで細部を通して見ない選手が多いと思うんですね。自分がキャッチャーとかだったらそうなりそうなので。(笑)
必要最低限は見ていると思いますよ。ですが、察知能力というんですかね。そういった能力がずば抜けて高いと感じます。
ランナーが少し飛び出していたり、少しよそ見をしていただけでキャッチャー牽制で刺してしまうんですね。少しだけですよ。飛び出すの。
そして、さらに凄いのが取ってすぐ投げないんですよ。たまに、相手ランナーが歩いて戻っている時に後ろを向いた瞬間に投げてアウトにしたりするのが結構今まであっていました。そういった駆け引きみたいなのも上手いんですよね。

あれだけの事をしていったらやはりピッチャーやチームにとってかなり大きい存在になると思いますしこれだけ助けられたらもう惚れますわ(^▽^;)(笑)

モリーナ選手 バッティングも豪快だった

豪快にちりばめられてますね・・・(笑)

モリーナ選手はキャッチャーとしての能力がかなり高いのであれなんですが、実際バッティングも凄いです。
まあ、ガタイもいいので飛ばす力はやはりあるとは思うんですが3割越えも数回記録していますし、去年の2018年シーズンは打率.261でホームランも20本放っていますからね。

もうね、キャッチャー能力があれだけ高くてこのバッティングだったら十分すぎる活躍ですよ。
実際キャッチャー守備だけで客呼べるんじゃないかぐらいのレベルですからね。
それでこの打撃力ですからね。

モリーナ選手のフォームはバットを寝かせた状態でかなり上下に揺さぶってタイミングを取る独特なフォームです。
懐も深いですし、当たれば飛びそうなフォームになります。また、グリップが背中側にいっている位置にあるのでバットのヘッド遠心力を使えるようなフォームにも見える為、去年20本塁打を放てたと思います。
まあ、去年の日米野球でも普通に東京ドームで逆方向にホームラン打っていますからね。
長打力はこれを見ただけでかなりわかるんじゃないかと思います。気になる方は動画見てみてね☆

足も上げるタイプでしっかりと体重移動して打っているのでボールに力がしっかり加わった状態で打てているので力のロスが少ないのでしょう。日米野球のホームランも外角の低め(しかも、決して甘くない球だった💦)をホームランしているので。
まだ秘密はありそうですけどね。モリーナ選手の力の源になっている場所が・・・

打撃、送球共に源になっている事とは??

全部力の源な気が・・・

モリーナ選手の力の源があるんです。送球にしてもそうですし、バッティングにしてもそう。
それは、リストの強さですね。
やっぱり送球にしても打撃にしてもリストの強さが良い結果を生んでいる事はたくさんあると思います。
日米野球のホームランも体重移動が綺麗にできているのもありますが、手首の強さからくる「返し」の強さも合わさってあのようなホームランが打てたと思います。

また、送球時の低い弾道の送球の秘密はやはりリストの強さかと。
肩が強く、リストがそこまで無かったら山なりのボールになるんですね。肩が強いからもちろんボールは遠くに行きます。しかし、リストが弱いと強い回転が生まれないのでボールに伸びが無いんですね。だから、高い弾道で遠投したら強く見えるのですが低く投げるとそこまでいかないみたいな事もあるわけですよ。不思議なんですけど(^▽^;)

そういった事からもリストの強さがモリーナ選手の一番の力の源になっていると思っています。
モリーナ選手みたいな選手になりたかったらリスト鍛えましょ♪(笑)

リーダーシップ感が凄い 頼りがいがある兄貴敵存在

アニキ~

モリーナ選手は実力も凄いのですが、リーダーシップも凄いです。
やはり、よく周りを見るキャッチャーなので細かいところも気付いてくれるからでしょう。
そこでこの実力ですからまあ、付いて行きますよね。頼れるアニキですからね。

実際に日米野球の時もリーダー感がありましたし、ホームラン打った時も他の選手の喜びようが半端では無かったです。
やっぱり、こういった選手がホームラン打ったり良いプレーをしたら勢いづきますからね。
こういったところからもモリーナ選手の凄い所だと思います。

まとめ

いかがでしたか?

モリーナ選手凄くないですか?
本当に日本の子供達とかもキャッチャー目指すならモリーナ選手見て目指して!!ってお願いしたくなります。打ってヨシ、守ってヨシ、そしてあのリーダー的存在感。目指してはいけない理由が見当たらないので(^▽^;)

もちろん、日本のキャッチャーも凄いですよ!ソフトバンクの甲斐選手とか肩エグイと思いますし。
あとは、バッティングがもう少し率残せたら怖い存在になるでしょう。今の現役選手でモリーナ選手に近い選手って甲斐選手と思いますから(^^)
バッティングも波が荒いのでもう少し率を残せたらと思うだけで、自分の中ではキャッチャーでは打つなぁ~って印象の選手ですから。

本当に引退が惜しい選手だと思います。もうあと2,3年は続けてほしいなぁ~・・・とは思うんですけどね。まあ、こればかりは本人次第なのでなんとも言えないのですが、あのスーパープレーが見れるのは残り少ないのかぁと思うとなんともいたたまれない気持ちがあってなりません。

いつか、日本のモリーナ選手みたいな異名を持つキャッチャーが表れてくれる事を願っています(^^)
現在小、中学生には期待したいなぁと。自分がかなりおっさんになった時にそのような選手をテレビや球場で観れる事を願って・・・

ちびっこ!!!頑張ってくれ~~~!!!!!

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh