バッティング ヒッチ

こんにちは。youkohです。

今回はバッティングについてのヒッチについて書いていきたいと思います。

バッティングでヒッチって悪という事を言われていました。
しかし、最近はヒッチもバッティングでは有益をもたらす動作として浸透してきました。
ヒッチが悪というのはもう古い考えかもしれませんね。

今回はこのような形でヒッチについて書いていきたいと思います。

ヒッチでダメと言われた理由

昔ヒッチはするなと言われていました。

しかし、最近はヒッチは悪では無いと言われています。
その理由としてはやはりヒッチをして成績を上げている選手が多いのも事実ですからね。

昔ヒッチはダメと言われた理由はヒッチをするとトップの位置がズレたりすると言われていたからです。
また、ヒッチする選手は昔助っ人外国人やメジャーの選手が多かった為、パワーに頼って打つと考えられていたからかもしれません。おそらく、手を動かす事によって腕力で飛ばそうとしてしまうのを防ごうと考えたからでしょう。

ですが、実際は外国人選手は腕力だけではなく技術も素晴らしいものを持っているのでそのような考えでヒッチはダメだというのは少し浅はかな考えかもしれません。
腕力だけで打てたらみんな打ててますからね(^▽^;)

ヒッチする選手は強打者が多い

最近日本の選手でもヒッチする選手が多くなっています。

分かり易い選手としては今巨人に在籍している丸選手が大きくヒッチする選手です。
丸選手もヒッチするバッティングフォームに変えてから成績が飛躍的に上がってきました。
しかし、丸選手のヒッチは大きくタイミングも遅れそうなのにしっかり打つ事が出来ている為、そこはやはりプロの選手だなと思います。

他にヒッチする選手としてはメジャーの選手が多いですが、やはり超有名な強打者としてはバリーボンズ選手でしょう。
ヒッチしてバットを揺らしながらテイクバックの時にヒッチして打つフォームです。ホームラン数や飛距離はかなり凄い選手でした。
また、すり足打法だったのでヒッチさせてからのバットをテコのようにして使って打っているように感じる為、また下半身の回転も鋭かった為、凄い飛距離を出せていたと思います。
こういう事からも足を上げようが上げないが飛距離はそこまで変わらないのではないか?と考える為ヒッチをする事によって飛距離も伸ばせる理由になるのでは?と考えます。

また、足を上げながらヒッチする選手でメジャーのオルティーズ選手も有名で、ヒッチはかなり大きいタイプでしっかり足も上げるタイプでした。
日米野球で来ていた時に推定飛距離160m?程の飛距離のホームランを放ったことでも有名でこの選手もわかりやすいぐらいにヒッチしていました。

日本の選手でも他に山崎武選手や阿部慎選手もヒッチを使用していたのでヒッチする選手は強打者が多い印象です。と、言いますか一部の選手を見ても強打者が多いですよね(^▽^;)

ヒッチは慣れていけばタイミングが取りやすいと感じやすい

タイミングを取るにしても足でタイミングを取る選手が多いですが、上半身でタイミングを取る選手もまた多いです。
しかし、ヒッチというのは大体テイクバックの時にバットを上下させる選手の事と自分は考えていますのでそこでタイミングを取る選手はそこまで多くはないかもしれません。実際見たら多いかもしれませんが全体の比率で考えたら少ないかも。

それだけ難しいバッティングになるとも言えます。
しかし、飛距離と共に慣れていけばタイミングも取りやすくなる事は間違いないです。
初めにやってみてタイミングが取りやすいと思う選手もいると思いますし、取りにくい選手も出てくるとは思うし、初めは良くても段々と難しくなってくると感じたりする可能性もあるのがバッティングなのでやはり練習してその一つ一つの動作を自分のモノにするのが一番大事な事となるでしょう。

やはりバッティングで重要な事で上位にタイミングがくるぐらいなのでタイミングは大事な部分になりますからね。

ヒッチで気を付ける事とは?

ヒッチをする際は気を付けなければいけない事もあります。
やはり、普通に打つバッティングのタイミングで打とうとすると差し込まれてします可能性は高いです。タイミングは取りやすくなるのですが動きが一つ増える為いつも通りのタイミングだと遅れてします可能性もある為早めに始動する事が重要な事になります。

また、ヒッチは勢いを付けるものでもあるのでその勢いで体が開く可能性も出てくるため体が開かないようにスイングしなくてはいけません。

このような部分をしっかり練習して修正していけばヒッチをモノに出来るのでは?と思います。
何事も練習が必要ですね(^^)

まとめ

いかがでしたか?

ヒッチはやってもやらなくてもどちらでもいいとは思いますが、やったら違う可能性を広げれるかもしれないならチャレンジしてみて損は無いと思います。
合わなかったら辞めればいいわけですし。

やってみたら飛距離が伸びたり、タイミングが取り易かったり人によって良くなる部分が違うかもしれませんがマイナスになる事はなく、何かが悪くなっても練習してそこを修正していけば良い結果にもなっていくとは思いますのでチャレンジは必要かと。

また、自分もヒッチを改めて取り入れてみようかと思いますので自分の可能性を広げる為にもチャレンジしていこうと思います。
楽しい野球ライフを送りましょう(^^)

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
あ!ヒッチする日本の選手で山川選手もその一人かもしれません(^^)強打者ですね(‘ω’)

ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh