野球の試合をしてきました! 結果を公開

こんにちは。youkohです。

今回は、野球の試合があったのでその結果と反省点、良かった点などを書いていきたいと思います。
今までの試合でも結果を書かせていただきましたが、良い結果を出せなかったので悔しい思いをしていました。

その反省点を生かして、フォームもガラッと変えて臨んだ今日の試合です。1.2ヶ月ぶりの試合だったのでかなり気合入れてやってきました(^^)(笑)
よろしくお願いします。

試合結果と個人結果

まず、試合結果なんですが手っ取り早く言うと負けましたm(__)m

最近負けてばかりだ。(笑)
しかし、今日は時間が無かったので5回までの試合だったんですが、5回まで勝っていたんですね。
しかし、その回の裏に逆転されサヨナラ負けというなかなか悔しい負け方をしてしまいました。
ピッチャー調子よかったんですけどね。守備の方がね・・・

まあ、エラーしまくりのポテン落ちまくりの結果になってしまい、最後はライトの選手がライトフライを落としそのままサヨナラ負けというなかなかな草野球あるあるになってしまいましたね(^▽^;)(笑)
自分は何回か守備機会がありエラーはしませんでした!ポテンもショートの後ろだったので仕方なかったんですが、正直自分も後ろに守りすぎていたかなと思いそこは少し反省しています。ちょっとショートの方側ではあったんですけどね(^▽^;)
その後にその話し合いをしたんですがショートみずから「あれは自分だったと思う」と言われたので。
しかし、そのような場合でも後ろの打球はやはり取りにくいのでもう少し前に守っていた方が良かったかとも思いました。その理由としてもランナーが一二塁だったので余計に思ったんですね。
勝てていたのに残念です。

そして、バッティングですが一打席目と二打席目が両方ともピッチャーゴロという結果でした。
前の反省が生かせずに外角の難しい球を引っ掛けるように打ってしまった事、そして甘い球を一打席目が見送り二打席目の甘い球を捉えられなかった事が悔しかったことでもあります。
まあ、一打席目の甘い球は初球にきたので見送っても仕方なかったかなと思う自分もいるんですが、草野球なのでそういったとこもやはり積極的に打ちにいかないともったいないなと思いました。
二打席目も「捉えた!!」と思った球がバットの下に当たりすぎ後ろにファールという・・・
こっちの方が悔しかったですね(^▽^;)
あれは捉えていたらかなりいってたのではないかと。そこを打ち損じた事が本気で悔やまれますね。

そして、三打席目が見事にレフトオーバーのエンタイトルツーベースを打つ事ができました!!
やっとヒットが出たので安心しました。
しかし、かなり根っこだった為当たり所の結果でいうとダメなんですけどね。
しかし、草野球の軟式なのでその辺りも結果だと思うのでやはり嬉しかったです。
そして、自分の中で良かったと思う事がこの打席のバッティングでわかったのでその事を次に書いていきたいと思います。

今回のヒットを打った事で良かったこと

今回のヒットのバッティングなんですが、自分は右バッターでインコースの変化球を投げられたんですがあまり曲がってなかったんですね。
そこでかなりインコース側にきたので体を回転させて腕も自分なりに畳めて打てたのでこの結果が出たのかなと思います。
根っこだったんですが腕を畳んでインサイドアウトのようなスイングが出来たのでかなりインコースだったのに対し、レフトのファールへ切れずにレフトオーバーを打てたのかと思いました。
ここの技術はかなり自分的には嬉しかったですね。
ただ、根っこだったので軟式で助かったと思う自分もいたりします(^▽^;)(笑)

そして、バッティングフォームなんですが一二打席目はテイクバックの時に少しバットを回しながらトップに入る横浜の宮崎選手やソフトバンクの今宮選手やロッテの中村省吾選手のようなトップの入り方で打っていました。
そこで自分が気付いたのがやはり試合ってバッティングセンターと違って守備とかで疲れなどが結構出てくるんですね。そこで手首を回すようにしてトップに入ると体が硬くなっているような感覚に陥りました。
バッティングセンターだと結構リラックスして打てていたのでいい当たりなどしていたんですが試合となるとその筋肉の緊張が大きく感じられたので打てなかったのかと。
実際外角の難しい球でも当てるだけの手打ちのような打ち方になっていたので。
これが体をしっかり残して回転させるような打ち方が出来ていたらファールで逃げれていたかもしれませんからね。

そこで三打席目は構えの時点ではバットを軽く回したりしてリラックスできるように構え、トップの入り方は早めにトップを作ってボールを待つスタイルに変えました。
しかし、ふかーく取るのではなく少し後ろにやる感じであとはタイミングを取る事に集中しました。
また、テイクバックを取る時は出来る限り力を抜けるように軽く取るようにしました。少し物足りない感じで。力も抜くような意識も持ってですね。
そうするとインコースの球に反応でき、またしっかり回転出来ていたのでそこが功を奏したのだと自分では感じました。

落合監督も物足りないんだろうと言った時の打ち方があまり良くない部分が多いと語っていた時が何回かあります。バッターって自分の力を持てる限りバッティングに使いたくなるもので確かに自分もそうだなと思っていたので的を得た言葉だと思っていました。


確かにそうなると体をスムーズに動かす事が難しくなるんですね。
そこで物足りなさを感じるようなテイクバックをしてバッティングすると緊張が取れやすくすんなりバットが出てくるのかなとも感じました。
やはり、少し物足りないと感じるぐらいがちょうどいいのかもしれないと感じました。

そして、トップの位置。これも自分はしっかりと後ろに引いて打つようにすればボールに力が伝わると思っていました。
しかし、それ以前に自分にあったトップの位置というのが必ずあると思うんですね。
そこは自分も理解していたんですが、やはり物足りなさから大きくトップは作った方がいいと考えていました。トップを作るという事に重点を置いたならですね。


しかし、こういうバッティングをする事によって、テイクバックでタイミングは取りにくくさらにトップの位置が自分に合っていないと体が硬くなりやはりバットが出にくかったり体が回転しにくかったり肩が入りすぎていたりとあまりいい結果が表れない可能性もあるんですね。
そこで、自分が一番良いトップの場所を探さないといけない。今回は自分が試合で見つけれたので良かったのですが。
しかし、トップの位置が少し物足りないなと思うぐらいが自分には丁度良かったので自分は後ろに引き過ぎずにそのまま回転で打つようにしようと今日の試合で思いました。
自分の場合は振り出しの時に結果トップが深くなるようなのでここで少し「遊び」もできるので間の取れたバッティングが出来たのかもしれません。だから変化球にも対応できヒットを打てたと思います。実際皆さんも振り出しにトップが深くなるような打ち方している選手が多いとは思うんですけどね(^▽^;)

しかし、プロの方や大学、社会人の選手はこのような打ち方ではボールは飛ばないかもしれませんけどね。木製の硬球はやはりトップはしっかり作って強く振るような振り方とかあると思うので。自分は木製の硬球は経験が無いのでわからないのですが。申し訳ないm(__)m
しかし、草野球の時点では物足りないぐらいの方が丁度いいかもしれないと自分が思った限りです。
軟式でビヨンドだからかな(^▽^;)(笑)

まとめ

いかがでしたか?

やはり、バッティングは自分に合う構え、テイクバック、トップの位置、足の上げ方などがあるのでこの人に合ったバッティングはこれだ!!とはいいがたいものがあるかもしれませんね。
しかし、色々な知識を付けていった方がやはりバッティングを良くする要素や引き出しになるので色々な打ち方を試してみるのも悪い事ではないと思います。
ですので、これからも色々なプロの選手のバッティングなどを自分なりの解釈で書いていくのは続けていきたいと思っています。
どれかが合うと思う打ち方や合いそうだと思う打ち方を見つけれる手伝いが出来ればとも思っているので(^^)

そして物足りないぐらいが力みも抜けて丁度いいという考え方も自分は続けていきたいと思っています。力みが強いと感じる方も試しに物足りないぐらいでテイクバックやトップを作ってみて打ってみるのがいいかもしれません。
落合選手も変に力みなどを感じない自然体な打ち方に見えますのでね。プロの球だからトップを深く取るように見えますしあれが究極であり完成系でもあるかもしれません。

また、次の試合でも打てるように頑張りたいと思います。
そしてまた結果を書かせていただきます。

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh