バッティングの基礎 構えや打つ時の体勢について

こんにちは。youkohです。

今回は、バッティングの基礎で構えや打つ時の体勢について書いていきたいと思います。

今までの記事で基礎について書いていきましたが、今回も打撃に関して大事な部分になります。
やはり何事にも体勢が悪いと良くならないですよね?投げるのだって体制が悪かったらいい球は投げれませんし、コントロールも不安定になります。
他のスポーツでもそうです。どんなスポーツでも体制というのは大事な部分になります。

では、そういった体勢について見ていきましょう。

体勢の基礎 構えの時は背筋は立てておく

この画像体勢がいいですよね(^^)

体勢が良いと美しく見えるものです。
バッティングの構えでも体勢が綺麗だったら良いバッターに見えます。
大谷選手とか構えの体勢良く見えませんか?メジャーで活躍できているバッターなのでやはり構えの時点で綺麗に見えますよね。

構えはなんでもいいというのを聞いたことがあると思いますが、実際どんな構えの格好でもいいとは自分も思います。しかし、基本は必ずあるのでそこは守らないといけません。
では、構えの体勢の基本とはなんなのか?
それは、背筋を伸ばして構えるということです。

メジャーの選手なども構えでは体を傾けて構える打者が多いと思います。
しかし、よく見てみると傾いて構えていても背筋は伸びて構えている打者が多いんですね。
この構えにする理由としましては、背筋を伸ばす事によってボールをちゃんと見やすくする事、そして背筋を伸ばす事によって重心を下半身で感じれるという事です。
試しに構えた時に猫背で構えるのと腰だけホームベース側に倒して背筋を伸ばして構えるというのをしてみてください。
猫背で構えるとホームベース側に重心がいく感じがします。しかし、腰を倒して背筋を伸ばす構えだと重心が下にいくように感じると思います。
この重心が下にある感覚が大事になるんですね。重心が下に感じるとドシッと構えている感覚や見た目も出てくるのでやはり安定したスイングが生まれやすくなるんですね。
逆にホームベース側に重心がいくとスイングの安定性は少なくなり、インコースの球は打ちにくくなります。ホームベース側に倒れているのと一緒なのでそりゃそうなりますよね。辛うじてアウトコースは打ちやすいかもしれませんけどね。しかし、重心が不安定になるのでスイングに力も入らない状況にはなります。土台がしっかりしていないので力強いスイングというのはできなくなるんですね。さらに、頭も曲がる状態になるのでボールを当てるのが難しくなります。
以前の自分がそうだったんですね。実際にタイミング良くバットを振ってもバットに当たらないという現象が起きました。当時はタイミングが合っていないと思っていたんですがおそらく頭自体も傾いていたのでボールとバットの距離感が感じれていなかったから当たらなかったのだと思います。

しかし、日本の良く見られるフォームは背筋を伸ばして真っすぐ構えます。
このような構えを教えられているからこそ、意識しなくても背筋が伸びて構えれている方が多いのですね。
国によってボールのストライクゾーンなどが違う為、国によって構えが違くなるという理由もあるので日本の構えはインコースのストライクゾーンも他の国に比べたら厳しいとこもストライクを取られるので自然とこのような構えが主流になってきたのだと思います。
ですので、自然と重心が下にいくようになっているんですね。

メジャーなどではアウトコース主流なので傾いて構える選手が多くなるのは必然な事だと思います。
しかし、その国での基本で習う事なのでメジャーの方は傾いてても背筋が伸びているんですね。
逆に日本ではこのような構えの打者が少ないのでメジャーのように傾けて構えると頭まで傾いてしまうので打てなくなる打者が出てくると考えています。

しかし、背筋を伸ばして傾けて構えるのはスイング軌道がレベルからアッパーにでの振りになりやすいので自然と長打や弾道の高い打球が多くなると思うんです。
その証拠にメジャーの方は高い弾道のホームランが多いのに対し、日本は背筋を伸ばして真っすぐ構えているので自然とライナーの打球が多くなると思います。
構えの時点でスイングプレーンも変わりやすくなると考えているので構えの時点で大事な事だと思っています。
しかし、合う合わないが出てくるので自分で試してみて合う方を選んだ方がいいでしょう。
まあ、合うなら傾けて構える方がいいですけどね。自分はね。

体勢の基礎 スイングの時の体勢とは?

スイング時の体勢なんですがやはり飛ばせる方法を考えるなら背中を反らせる事が一番有力な方法だと思います。
やはり、背中を反らせる事によって体は後ろにバットは前にいくので勢いが付きやすいからですね。
今のホームランバッターも反らせる人が多いと思います。
ソフトバンクの柳田選手やオリックスの吉田選手、西武の山川選手も皆さんスイングしてボールが当たっている時には背中を反らせて打っている事が多いと思います。西部の森選手もそうですね。

反らせる事によってスイングの速さを高めるほかにも、打球が上がりやすいという利点もあります。
背中が反る事によってアッパーの軌道になるからですね。初めからアッパーではないですよ。
大体の選手のスイングを見たらレベルスイングでボールを捉え、背中を反らせていく辺りから段々とアッパーに近い軌道になっていきます。そうする事によってボールを的確に捉えれるし、弾道も上がる事によって長打やホームランも増えるからですね。

やはりホームランを打てるバッターは相手の脅威にもなりますし、打てる人は一人でも多い方がいいです。
ホームランじゃなくてヒットを打てるようにって大体の人が言いますが、相手にホームラン打てる打者が3人4人といたら嫌でしょ?この時点で脅威になっているんですからホームランバッター育てましょうよ(^▽^;)
それに見ていて楽しいですしね(^^)(笑)

体勢の基礎 フォロースルーの体勢

フォロースルーの体勢ですね。

この形も大事でフォロースルー時はしっかりバットを振り切った状態で終える事いう事ですね。
そして、背中を反らせて打った場合は背中を反らせてバットを背中側まで振り切るようなフォロースルーがボールが良く飛んでいく条件に入ると思います。ヒットを打つ選手でもそのような打ち方の方が良いでしょう。
やはり、ヒットを打つにしてもしっかりボールをコンタクトし力強い打球を打たないと相手に取られたら意味ないですし、速い打球を打てば内野ゴロでもエラーしたりする確率上がりますからね。さらにはファインプレーされる確率も下げれます。ファインプレーなどされたら流れが無効にいきますからね(^▽^;)

そのような理由からもしっかり振り切ってバットは背中側までフォロースルーするのが一番いい形だと僕は思います。

そして、慣れていき可能になってきたら一番効率のいいフォロースルーがば片手フォロースルーが一番効率がいいです。
実際体が硬い人とかいるでしょ?自分も体硬いんですが(^▽^;)(笑)。体硬い人が背中までフォロースルーするのってもう拷問に近いくらいきついんですよね。キツイっていうと=やりにくいって事にも繋がるんですね。
やりにくかったら実際フォロースルーを無理に背中まで持っていくと綺麗なフォロースルーはな成り立ちません。
そこで救世主たるフォロースルーが片手フォロースルーなんですね。
このフォロースルーは体が硬い柔らかい関係なく大きなフォロースルーを実現する事が出来るんです。
メジャーの選手でホームランバッターとかもよくするでしょ?それはこっちの方が飛ぶと本能的に思ってやっているんですね。その本能的な部分だからこそしっかりと捉えてからのフォロースルーを行っているから打球がよく飛びます。

ここで間違ったらいけない事が、バットにボールが当たる前とか当たる手前とかで片手になったらいけないという事です。そこはしっかりボールを押手で押し込んでからそのまま片手を離していくスタイルじゃないと飛びません(^▽^;)
逆にタイミング外された時に片手で振ると余計な力が抜けヘッドが走るので飛ぶんですけどね。
タイミング外されて体勢崩されて片手で打ったのが結構飛んだり大ファールになった経験ありませんか?それはヘッドが走っているからなんですね(^^)
それを応用できたら普段でも飛ばせるんですが実際難しいですし、無理に近い(確率が低くなる)のでそこはしっかり押手で押し込んで片手でフォロースルーをやってみましょう(^^)
しかし、やるならまずはしっかり両手で打つ練習をしてからですね。
ちゃんとボールに両手で当たっているという感覚を身に付けてからじゃないとまず当たる前とかに片手になる可能性が高くなるので。
まずは基本からですね。基本大事です。

まとめ

いかがでしたか?

体勢だけでも色々と重要な事があるというのがわかって頂けたかと思います。
やはり基本が大事になってくるので、基本をしっかり身に付けてから構えやスイングの体勢も考えていくのはアリだと思います。

ただ、体勢だけに捉われてしまうと理想的にはなりませんのでしっかりスイング方法や下半身の使い方の基本を固めてから徐々に自分の形にしていく事をお勧めします。

野球上手くなりましょう!!何歳からでも上手くなれると思います。
自分も上手くなれるよう頑張るつもりです(^^)いい歳してるけどね(^▽^;)(笑)

今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh