メジャーのバッティング マイク・トラウト選手

2020年1月16日

こんにちは。youkohです。

今回はメジャーのバッティングについて書いていきたいと思います。
今回書かせてもらうのは大谷選手と同僚のマイク・トラウト選手です。
マイク・トラウト選手はメジャーの中でも現役最高の選手と呼び声の高い選手です。
打つのはもちろんなんですが足も速い選手で有名です。過去にはトリプルスリーを達成しています。
しかもトリプルスリーを達成したのが21歳ですからね。当時は将来性抜群でしょう。
メジャーで21歳でトリプルスリーはヤバイですよね(^▽^;)(笑)

このような活躍しているマイク・トラウト選手のバッティングについて自分の見解で書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします(^^)

バッティングを自分なりに見解

マイク・トラウト選手のバッティングの特徴としまして、構えから見ていきたいと思います。

まず、トラウト選手の構えはバットを寝かせて構えるんですが、構えの腕の位置が頭の方に近い所に構えます。メジャーの選手で結構珍しいと思うんですけどね。
大体メジャーの選手は構えの時点でバットを低い位置に構える選手が多いからですね。
その中でも頭の方に近い所にバットを構えるのはめずらしいと思います。

そして、テイクバックでは体を少し傾け、バットを寝かせた状態でトップを作ります。
このテイクバックなんですが体の傾きとバットの寝かせ具合がまた絶妙なんですよね。
レベルアッパーの軌道になりやすいと思うんですが、バットをボールに乗せて打っているようにも見えます。
パワーの問題もあるかもしれませんが、線でボールを捉えているように見えるので高い打率を残す事も可能なんでしょうね。
トラウト選手は高打率も残せるバッターなのでこの線で捉えるバッティングが高打率を残せる一つの理由になるとも思います。

そして、コンパクトなスイングも特徴です。しかし、コンパクトなスイングなのにあれだけボールを飛ばせるのはかなり凄いと思います。飛距離も申し分ないですし、本数も30本クリアするぐらいの長打力もあるのでですね。
このコンパクトスイングで打率、ホームランを両方クリアできているので理想のバッティングと思います。大きいスイングで打率、ホームランを両立できる選手もいるんですがそんなに絶対数が多いわけでもありません。その中でコンパクトスイングでこれだけの成績を残せているので真似したくなりますよね(^^)

トラウト選手のバッティングでの大きい特徴

トラウト選手の特徴的でバッティングについて気になったものがあります。
トラウト選手のバッティングは腰をあまり回してないように見えるんですね。
これは、腰を回していないわけではなく、腕から始動して打っていると思うんです。
要は、腕主導でボールが当たって腰と腕が一緒に回るような打ち方になるんですね。

極端に言うとツイスト打法に似たような打ち方になると思います。
ツイスト打法とはボールを打って腰を回した時に逆方向に回す打ち方になります。言葉では難しいかもしれませんが動画で見たらわかりやすいです。
これは、逆に腰を捻る事で腕の振りを早くするような動きになるんですね。
また、タイミングを外された時にも有効な打ち方になります。体が開かないので強い打球を体制が崩れても打てるんですね。
それを普段から普通にやっているように見えますし、体を開かずに体の面とボールを合わせるような打ち方に見えるので余計にバットが加速して出ていき強い打球を打てるのだと思います。
他のスポーツで例えるとテニスやゴルフの打ち方に似ているのでは?と思います。
これらの理由からスイングがコンパクトに見えるのではないか?と思います。
実際は大きいスイングをしているのかもしれません。ですが、打ち方によってスイングがコンパクトに見えている可能性も否定できないのです。

まとめ

いかがでしたか?

トラウト選手は本当に素晴らしいバッターだと思います。
これからもガンガン活躍していってほしいですね。
また、大谷選手と現在、2番3番コンビを形成しているので二人のアベックホームランを期待したいとも思っています。

バッティングフォームに悩んでいる方も一度トラウト選手の真似をしてみてはと思います。
全部が全部似らなくてもどこかの部分が自分に合っていればその部分を取り入れたりすればいいと思いますし、真似して打てれば真似ればいいと思いますし。
ただ、日本の場合だとインコースもよく取られるので体を傾けすぎるとインコースが打てなくなる可能性があるかもしれませんので体の傾きはほどほどに・・・と思ってしまいます(^▽^;)(笑)

これらの情報が役立てれば幸いです。
皆さんもバッティング向上に向けて頑張りましょう(‘◇’)ゞ
今回はこの辺で(‘ω’)ノ
ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh