右バッターのフォームについて

こんにちは。youkohです。

今回は、右バッターの理想のフォームってどんなのだ?と思ったのがきっかけでこの記事を書く事にしました。
左のバッターで参考にした方が良いと言われる選手や真似するならこの選手とか言われている人は結構います。特に言われていたのが元広島東洋カープの前田選手が良く言われていました。プロからも絶賛されるぐらいですから相当凄いですよね。また、探求心も凄い方みたいだったのでやはりあのような芸術的なスイングが出来ていたんでしょうね。
しかし、右バッターで真似した方がいいと言われる選手って結構バラバラだと思うんですよね。未だに。
左バッターだったら代表格に前田選手がいるんですが右バッターはなかなかそういう風に言われている選手がいないのが現状です。
ですが、プロの皆さんは理想のフォームをしている方はたくさんいると思います。だから、活躍できているでしょうから。
しかし、中には独特な人もいるのはいます。また、この独特な打ち方の方が合っている人も中にはいるでしょう。

ですので、今回は右バッターについてのフォームで色々考えて書いていきたいと思います。
まあ、自分は野球やっていてもプロ並みの知識やセンスがあるわけもないので一つの考え方として見て頂けたら幸いですm(__)m

自分がいいフォームだなと思うのは

まあ、今まで色々バッティングについて書いてきましたが、中には自分の書いていた正反対のようなバッティングをしている人を見ても「打ちそうな構え、打ち方だな」と思うのはあります。
ただ、皆さんにもあると思いますが自分の理想像や感覚でも自分が身に付けようとするバッティングは違くなってくると思うんですよね。
しかし、客観的に見て自分がやろうとしてるバッティングフォームと真逆だったとしても綺麗なフォームをしている人はしていますし、長打やホームランを打つ人だってたくさんいます。高打率を残す人とかもね。
ですので、バッティングに正解不正解ってないんですよね。あるとすれば結果が正解か不正解かを判断材料に出来るんではないかと思います。

しかし、バッティングってその場で良かったとしても次の打席、次の試合では同じような事をやるのって難しいんですよね。その時その時のちょっとしたズレとかで感覚変わったり今までイイ感じに力強く振れている感覚があったのに無くなっていたりとか。
そのような事もあるので良い時もあれば悪い時もあるんですよね。

ですので、良いフォームっていうのは人によってそれぞれなので一概には言えないという事です。
バットを寝かせる選手が打ちそうだと思う人もいれば立ててた方が打ちそうだと思う人もいる。
実際、日本人だとバット寝かせてたら安打狙いに見えたりする事多いと思うんですがメジャーリーガーがバット寝かせて構えているとめちゃくちゃ飛ばしそうじゃないですか?これも見え方によって変わってくるのでどれがいいフォームなのか?どれが飛ばせるフォームなのかってわからないんですよね。

今は4スタンス理論とか色々あると思うんでそういうので調べる方法とかもありますし、そういう教えてもらえる所とかもあるみたいなのでガチで悩んでどうにかしたい!!って思う人はそういうのも利用するのもいいかもしれませんね。
あっ、俺はただの草野球人なので楽しむ程度で自分で色々見つけていってブログを発信したいと思うのでそういうのは利用しようとは思っていません。バッティングは日によって変わるような生き物のようなものだと思いますし日進月歩ですからね( ´∀`)bグッ!
・・・まあ、気になるけどね・・・(;´∀`)(笑)

プロの右バッターで自分が参考にしたいと思う選手

たくさんいるんですけどね(^^)

ヤクルトの山田選手や楽天の浅村選手、西武の山川選手に横浜の宮崎選手に巨人の坂本選手。
ホークスの内川選手や今年調子のいい今宮選手も良いと思ってしまいます。
引退した選手だと小久保選手や落合選手も凄いと思います。
また、メジャーだとプホルス選手やミゲルカブレラ選手にジョシュドナルドソン選手、大谷選手と同僚のマイクトラウト選手と・・・

まあ、ざっと上げましたがたくさんいます(;´∀`)(笑)
プホルス選手なんて「理想の体現」と評されるぐらいのバッティングフォームですからね。
しかし、フォームみてもらってもわかると思うんですが、結構独特な構えなんですよね。
また、日本人が真似しても力負けしそうと言いますか、飛ぶときは飛ぶでしょうがタイミングを合わせるのも難しそうに思えるんですね。
なんだかんだでシンプルに見えて独特な構えなんですよ。
こういうのも見て考えたりするの結構面白いですよ(^^)(笑)

今は現役を引退されていますが小久保選手も綺麗なフォームしていましたね。
足を高く上げて少し猫背気味にし、腹筋辺りに力を込めて踏み込むと同時に振り抜く。ここでも着地した瞬間に振るので勢いをそのまま使えるので爆発力を上げるんですね。
もう芸術ですね。
腹筋辺りに丸いボールがある感覚でテイクバックを取るという感じでしょうか(自分が真似した時はそのようなイメージで足を上げるとイイ感じで飛びそうな感覚になったから(笑))
ただですね、着地と同時に振り抜くのも難しいんですよね。また、足を高く上げるからやはり体幹がしっかりしていないとブレるので下半身の強化も必須です。
着地してから打つという方法もあるんですがそうなるとこの小久保選手のフォームの特徴といいますか、生かす事ができなくなると思うんですね。
その前にそういう打ち方するなら高く足上げなくて良くない?ってなりますからね。(笑)

こう考えると美しいフォームやシンプルそうなフォームをしていても紐解いてみたら一つ一つが難しくなっているんですね。極めようと思ったらですね。
色々と考えてやっていかないとフォームを崩す恐れもありますし、自分がどういう風に打ったらいいかわからなくなるのでやはり考えてやっていかないとひどくなる可能性も大いにありえます。

まとめ

いかがでしたか?

右バッターのフォームでは左バッターとまた違う感覚があると思うので考えてやらないと失敗する可能性も大いにありえます。
しかし、世の中右利きの人が多いのも事実で、作られた左が量産されているのも事実。
もし、体が小さいから左で特性を生かせと言われた方も右でやっていたらホームランとかもたくさん打てていた可能性も否定はできないと思います。
まあ、一昔前までは押手より引手が大事。押手は力入れなくてOKとか言われていましたからね。
今考えると怖い理論ですよ💦(笑)
そう考えると自分の良いと思う感覚が大事なわけで。力強く打てる、しっかりミートできる打ち方を身に付けていければと思います。俺もね(笑)

今回は自分が参考にしたいなと思う右バッターを上げていきました。
次回はその理由や感想なども交えて右バッターについて書いていきたいと思います。
では今回はこの辺で(‘ω’)ノ

ありがとうございましたm(__)m

未分類

Posted by youkoh